車両使用規定
 
好山好山旅会
 
第1条 制定の目的     
この規定は、山行の交通手段として自家用車(以下車両と言う)使用する場合に摘要し、 車両の使用に対する安全管理、費用負担の明確化を目的として制定する。
 
第2条 摘要範囲     
本規定は例会山行及び個人山行(単独を除く)に適用する。
 
第3条 車両運行責任者     
車両を使用する場合には、事前に車両運行責任者(以下車両責と言う)を決定し、車両責は本規定が遵守されるよう管理責任を負う。
 
第4条 車両の要件     
法令に定められた点検整備が実施済みであり、任意保険に加入していること。
 
第5条車両使用時の注意事項。     
車両使用時は下記の項目を守ること。     
5-1 車両責は、出発前に参加者全員に車両運行経路を周知させること。また、複数の車両を使 用する際には、離れての走行を想定して、経路途中での集合地をとり決めておくこと。     
5-2 運転者は法令を遵守し安全運転に徹すること。     
5-3 長時間の連続運転は避けること。2時間以内を目安として、必ず休憩または運転手の交替 を行うこと。
 
第6条 車両使用にかかる負担費用     
6-1 車両使用について、全ての参加者(車両所有者・運転手を含む)は下記の費用を均等に負担すること。     
6-2 レンタカー使用料、有料道路代等の車両運行に要した実費     
6-3 上記第1項の費用の外に、下記の通り車両所有者や運転者に支払う費用    
6-3-1 車両使用料及び燃料費として、走行1km につき20 円で算出した金額を車両所有者に支払うものとする。     
6-3-2 運転手当てとして、走行1km につき10 円で算出した金額を運転手に支払うものと する。
 
第7条 交通事故発生時の対応     
7-1 事故現場では、法令に従い、人命第一として行動すること。     
7-2 速やかに会長宅へ事故発生の連絡をいれること。     
7-3 相手のある事故の場合、相手方との連絡・交渉は運転者または車両所有者が取り扱う。
 
第8条 規定の改正     
当規定の改正は、役員会において、出席者の3分の2以上の同意により決定する。
 
 
平成11年9月5日制定
平成11年9月5日施行
平成22年10月1日一部改正